ワードプレスの管理画面でコーディングしやすくなるプラグインTheme Editor

2019年8月15日

ワードプレス

いちいちコードをエディタに入力してFTPソフトにアップロードしなくても、ワードプレスは管理画面上からコードの編集ができてとても便利です。

しかし、デフォルトのエディタだとコードの編集はできますがファイルを新規で作ったり削除したりといったことはできません。

ですのでそういったことを可能にするプラグインを入れることをおすすめします。

今回は私が使っている「Theme Editor」というプラグインをインストールします。

このプラグイン一つでFTPソフトがいらなくなったのでとても重宝しています。

デフォルトのエディタ

デフォルトのワードプレスエディタ

デフォルトのエディタのキャプチャ画像です。これでも使えないことはないんですが、ファイルの作成や削除ができません。

プラグインのインストール

  1. ワードプレスの管理画面の「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

Theme Editorのインストール手順

2. 右上のキーワードに「Theme Editor」を入力すると検索結果が出ます。「Theme Editor」の「今すぐインストール」をクリックしてください。

Theme Editorのインストール手順

3. 「有効化」をクリックしてください。

Theme Editorのインストール手順

4. ワードプレスの管理画面の「外観」→「Theme Editor」をクリック。

Theme Editorのインストール手順

5. インストール完了です!「Theme Editor」のキャプチャ画像です。

Theme Editorのインストール手順

使い方

Theme Editorの使い方はシンプルです。デフォルトのエディタと同じように、画面右にファイルの一覧が表示されています。編集したいファイルを編集したら「Update File」をクリックして完了です。

Theme Editorの使い方

ファイルの作成・削除のクリック一つです。

Theme Editorの使い方

ファイルをアップロードする場合は「Upload」
新しくファイルを作成する場合は「Create」
ファイルを削除する場合は「Remove」

 

もっと詳しい使い方については以下記事を参考にしてみてください!

ワードプレスプラグインTheme Editorの基本的な使い方

\記事が役に立ったらシェアしてね/
★フォローする★

コメント

  1. […] 自作テーマを作成する前に、「Theme Editor」というプラグインをワードプレスにダウンロードすることをおすすめします。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です